孤独は風俗嬢が埋める

ある意味、恋人のおかげです

ここまで風俗にハマるようになったのはすべて恋人のおかげなんですよ。というのも、当時付き合っていた恋人がフェラが嫌いな子だったんですよ。でもこっちとしてはやってもらいたいじゃないですか。だからリクエストしてみたんですけど、絶対に嫌だと。そうなると無理強い出来ないじゃないですか。でもフェラをしてもらいたい。その気持ちの妥協点が風俗だったんですよね。それで風俗まで行くようになったんですよ(笑)だからその時付き合っていた恋人のおかげと言っても決して大袈裟ではないんです。無理をさせるのも申し訳ないけど、でも自分もフェラをされたいって思った時風俗以外の選択肢がなかったんですよね。それならってことで風俗で楽しんだんですけど、自分なりにいろいろなことを楽しめたので、風俗でもやっぱりフェラ重視です。だからピンサロとか嫌いじゃないんですよね。こっちからすればフェラをしてもらうだけで十分なので、ピンサロでいいんですよ。

いつまでも考えているくらいなら…

ずっと童貞であることを悩んでいました。でも、初めては恋人とか好きな人と。そんな夢を見ていたので、風俗に行くことはあっても、ソープには行きませんでした。別に風俗に行くならソープでも関係ないというか、そこまで大きな違いはないだろうって今なら思うんですけど、当時の自分はソープだけはって気持ちがあったんです。でも、この気持ちこそいわゆる「童貞をこじらせている」なのかなって。いつまでも童貞でいると、いろいろなことが歪んでくるって言われているじゃないですか。まさにそんな気持ちになっていってしまったので、とにかく恋人云々とか夢を見ていないで、童貞を卒業するしかないなって。それでソープまで行ってきたんです。ソープでの時間は、楽しみだなって気持ちよりも不安と過緊張とか、そういったものの方が大きかったんですけど、終わってみるとなんでこんなすぐにでも出来ることにこんなにこだわっていたんだろうって。これで自分も男になれましたし。