孤独は風俗嬢が埋める

気晴らしという側面もありますしね

快感を求めているだけじゃなく、気晴らしという点でも風俗は優れているなって思いますね。自分自身、仕事はあまり他人と関わらないんですよ。研究職ということもあって、基本的には研究。部下もいますけど、とにかくデータを向き合う日々。正直、刺激はありません(苦笑)それに、毎日そんな生活なので次第に息が詰まってくるんですよね。解放感を味わいたくなるんです。そうすると、風俗がいいんですよ。他に気晴らし出来るようなサービスってないんじゃないですかね。女の子と話して抜いてもらって。それがワンセットになっている風俗の存在はとても貴重なものです。それに、風俗で気晴らしすると、それまでには思い浮かばなかった発想が出てきて、新しいアプローチをしたりするんです。それが成功に導くきっかけになったケースも何回かあるんですよ(笑)だから風俗の存在は決して娯楽ってだけのものではないんじゃないかなって思っています。気が紛れていろいろな着眼点が出てきまし死ね。

やり遂げたという気持ちですね

あの日の風俗では自分に「やり遂げた」という気持ちが強くあるんですよね。なぜなら、自分でももっと頑張ろうって気持ちを持っていたんです。それはいつもの風俗でです。もっと頑張りたいとは思っていても、自分の体の問題なのか、一発出すとどうしてもかなりの疲労度。これでは二発目に行くのなんて無理だろうと。そう思って、どうしてもできないなって思ってしまっていたんですけど、この前の風俗でようやく初の二発が出せたんですよ。自分でも驚きましたけど、これは自分の問題と言うよりもむしろ相手のおかげでしょうね(笑)自分が何をしたとか頑張ったとかではなくて、相手をしてくれたSちゃんが上手だった。ただそれだけの話でしかないんですよね(笑)だから自分でも特に頑張ったとかではなく、自分なりにいろいろなことが出来たんじゃないかなって思っています。でもそれは彼女という器があったからこそなのかなって思うので、そこはもう彼女のおかげですよ。