孤独は風俗嬢が埋める

女の子は問いません

自分のようなタイプは少数派であろうことはよく分かっているんですけど、風俗では相手の女の子のことはあまり問いません。一応指名はしていますけど、それはあくまでも女の子のモチベーションの問題であって、自分の都合だけで考えるのであればフリーでもいいくらいです。これにはいろいろな理由があるんです。決して風俗嬢を選ぶのが面倒とかじゃなくて、誰を選んでもそれはそれで違った楽しさがあるのと、自分がよくいく風俗店はレベルも高いので、そのお店の中からであれば誰が出てきても別に困らないっていう気持ちもあるんですよね。だからお店に行ってパネルを見て直感で決めるようにしていますし、これといって特別な思い入れを持たず、毎回フラットな気持ちで女の子と楽しむようにしているんです。実際の所、そのくらいの方が自分自身でもリラックスして楽しめるのでそちらの方が良いんじゃないかなって思うんですよね。事実、それで不快な気持ちになったこともないですし。

一人の世界に浸りつつも…

風俗は、自分の位置づけとしてはマスターベーションのお手伝いをしてもらうってところでしょうか。やっぱり恋人とのプレイとは違いますよね。かといってオナニーとも違うんです。ただ、気持ち的にはオナニー側に近いような気もするんですよね。だから自分の世界に浸りつつ、女の子に手伝ってもらうのが風俗ですね。だから上手な子が良いですね。そして、攻めるよりも攻められたいなって思っています。そっちの方が断然自分の理想のプレイを楽しめるかなって思っているんですよ。女の子とどのようなシチュエーションで楽しむのかは風俗の自由というか、それだけのバリエーションがあるので楽しい部分だと思いますけど、あくまでも自分の世界の延長。それが自分の風俗の楽しみ方なので、自分の世界観を分かってくれるテクニシャンが好きなんですよね。そう考えると、ピンサロとか結構好きなんですよ。ピンサロって女の子が軽く抜いてくれるので、割と理想に近いんです。