孤独は風俗嬢が埋める

ある意味、恋人のおかげです

ここまで風俗にハマるようになったのはすべて恋人のおかげなんですよ。というのも、当時付き合っていた恋人がフェラが嫌いな子だったんですよ。でもこっちとしてはやってもらいたいじゃないですか。だからリクエストしてみたんですけど、絶対に嫌だと。そうなると無理強い出来ないじゃないですか。でもフェラをしてもらいたい。その気持ちの妥協点が風俗だったんですよね。それで風俗まで行くようになったんですよ(笑)だからその時付き合っていた恋人のおかげと言っても決して大袈裟ではないんです。無理をさせるのも申し訳ないけど、でも自分もフェラをされたいって思った時風俗以外の選択肢がなかったんですよね。それならってことで風俗で楽しんだんですけど、自分なりにいろいろなことを楽しめたので、風俗でもやっぱりフェラ重視です。だからピンサロとか嫌いじゃないんですよね。こっちからすればフェラをしてもらうだけで十分なので、ピンサロでいいんですよ。

一人の世界に浸りつつも…

風俗は、自分の位置づけとしてはマスターベーションのお手伝いをしてもらうってところでしょうか。やっぱり恋人とのプレイとは違いますよね。かといってオナニーとも違うんです。ただ、気持ち的にはオナニー側に近いような気もするんですよね。だから自分の世界に浸りつつ、女の子に手伝ってもらうのが風俗ですね。だから上手な子が良いですね。そして、攻めるよりも攻められたいなって思っています。そっちの方が断然自分の理想のプレイを楽しめるかなって思っているんですよ。女の子とどのようなシチュエーションで楽しむのかは風俗の自由というか、それだけのバリエーションがあるので楽しい部分だと思いますけど、あくまでも自分の世界の延長。それが自分の風俗の楽しみ方なので、自分の世界観を分かってくれるテクニシャンが好きなんですよね。そう考えると、ピンサロとか結構好きなんですよ。ピンサロって女の子が軽く抜いてくれるので、割と理想に近いんです。